Glossary LEED V4(s)

salvaged material

回収再利用材料

a construction component recovered from existing buildings or construction sites and reused. Common salvaged materials include structural beams and posts, flooring, doors, cabinetry, brick, and decorative items.

現存の建物や建設現場より回収される建設資材であり、再利用されるものをいう。一般的な廃品回収物には、構造のはり、柱、床板、ドア、造り付け家具、煉瓦、及び装飾品が含まれる。

school authority

学校運営機構

the authority responsible for decision making about school operations, districts, personnel, financing, and future development. Examples include school boards, local governments, and religious institutions.

学校の運営、学区、職員人事、財政、および将来計画に関する意思決定の責任を持つ機関。 学校の役員会、自治体、宗教法人などがある。

Scope 1 emissions

スコープ1排出量

direct greenhouse gas emissions from sources owned or controlled by the entity, such as emissions from fossil fuels burned on site

ある事業体が所有し、或いは制御している排出源からの直接的な温室効果ガス排出のことで、例えば、その敷地内で燃やす化石燃料からの排出を言う。

Scope 2 emissions

スコープ2排出量

indirect greenhouse gas emissions associated with the generation of purchased electricity, heating/cooling, or steam off site, through a utility provider for the entity’s consumption

ある事業体が公共サービス事業者を通じて購入した電力や冷暖房、蒸気の創出に伴う間接的な温室効果ガス排出をいう。

sDA300/50% the percentage of analysis points across the analysis area that meet or exceed this 300 lux value for at least 50% of the analysis period 

分析期間の少なくとも50%において、分析エリアに対して、300lx以上を満たす分析ポイントの割合

server input

サーバー入力

the information technology (IT) load as measured at the point of connection (e.g., power receptacle) of the IT device to the electrical power system. Server input captures the actual power load of the IT device exclusive of any power distribution losses and non-IT loads (e.g., rack-mounted fans).

IT機器の電力システムへの接続点(電源コンセントなど)で測定された情報機器の負荷。 サーバー入力とは、あらゆる電力分配損失や非IT負荷(ラック搭載ファンなど)を除き、IT機器の実電力負荷を測定したもの。

service life

運用寿命

the assumed length of time that a building, product, or assembly will be operational for the purposes of a life-cycle assessment

建物、製品、または組立品(アセンブリ)が、ライフサイクル評価の目的から運用可能であると予想される時間の長さ。

shared multioccupant space

複数使用者用共有スペース

a place of congregation, or where occupants pursue overlapping or collaborative tasks

集会場所または、使用者が共通の作業や共同の作業を行う場所

shell space

シェルスペース

an area designed to be fitted out for future expansion. Shell space is enclosed by the building envelope but otherwise left unfinished.

将来の拡張に備えて設計されたエリア。 シェルスペースは、建物外皮で囲まれた中にあるが、その他の部分は未完成のまま残されている。

short-term bicycle storage

短期駐輪場

non-enclosed bicycle parking typically used by visitors for a period of two hours or less.

通常訪問者が2時間以下で利用する囲いのない駐輪場。

simple box energy modeling analysis

簡易ボックスエネルギーモデリング解析

(also known as “building-massing model energy analysis”) a simple base-case energy analysis that informs the team about the building’s likely distribution of energy consumption and is used to evaluate potential project energy strategies. A simple box analysis uses a basic, schematic building form.

(「建物マスモデルエネルギー解析」ともいう。)建物のエネルギー消費推定分布についてチームに通知し、潜在的なプロジェクトエネルギー戦略を評価するために使用される、簡易的な基本事例エネルギー解析である。簡易ボックス解析は、基本的で概略的な建築形体を利用する。

site assessment

敷地評価

an evaluation of an area’s aboveground and subsurface characteristics, including its structures, geology, and hydrology. Site assessments typically help determine whether contamination has occurred and the extent and concentration of any release of pollutants. Remediation decisions rely on information generated during site assessments.

敷地評価とは、敷地の地上部および地下の特性の検証であり、構造、地質、水文学を含む。 敷地評価は一般的に、汚染があるか、汚染物質が広がっているか、濃度が高くなっているかを特定するために使われる。 地盤改良するかどうかは、敷地評価時に提出される情報によって決定される。

site master plan

敷地マスタープラン

an overall design or development concept for the project and associated (or potentially associated) buildings and sites. The plan considers future sustainable use, expansion, and contraction. The site master plan is typically illustrated, with building plans (if applicable), site drawings of planned phased development, and narrative descriptions.

当該プロジェクトの全体デザイン、或いは開発コンセプト計画のことで、一体開発される(或いは一緒になる可能性のある)建物や敷地を含む。この計画には将来の持続可能な使用や拡大、縮小も考慮される。敷地マスタープランは一般的には建物平面図(もし可能なら)や段階的な開発計画の図や説明書きなどが書かれる。

soft space an area whose functions can be easily changed. For example, hospital administrative offices could be moved so that this soft space could be converted to a laboratory. In contrast, a lab with specialized equipment and infrastructure would be difficult to relocate.

機能を容易に変更することが可能なエリア。例えば、病院の事務局を移動させて、そのソフトスペース〈転用可能スペース〉を実験室に変更するようなことが可能である。これとは対照的に、特殊な機器やインフラが備えられた実験室では、再配置することは困難である。

softscape the elements of a landscape that consist of live, horticultural elements

生きた、園芸要素で構成される造園の要素

solar garden/ community renewable energy system

ソーラーガーデン/コミュニティ再生可能エネルギーシステム

shared solar array or other renewable energy system with grid-connected subscribers who receive credit for the use of renewables using virtual net metering (Adapted from solargardens.org)

共用の太陽電池やその他の再生可能エネルギー設備から配電網で接続された利用者にエネルギーを供給し、仮想計量による再生可能エネルギー使用量に応じてクレジットを獲得できる設備と仕組み。(solargardens.orgより)

solar reflectance (SR)

日射反射率(SR)

the fraction of solar energy that is reflected by a surface on a scale of 0 to 1. Black paint has a solar reflectance of 0; white paint (titanium dioxide) has a solar reflectance of 1. The standard technique for its determination uses spectrophotometric measurements, with an integrating sphere to determine the reflectance at each wavelength. The average reflectance is then determined by an averaging process, using a standard solar spectrum, as documented by ASTM Standards E903 and E892.

0〜1の段階評価にて表した、〈材料の〉表面で反射する太陽エネルギーの割合である。黒色塗料の日射反射率は 0、白色塗料(二酸化チタン)の日射反射率は 1 となる。それを特定するための標準的手法は、各波長での反射率を特定するために積分球を用いながら、分光光度測定を使用する。ASTM規格E903及びE892に記載がある通り、平均反射率は、標準太陽スペクトルを用いて、平均化処理により特定される。

solar reflectance index (SRI)

日射反射指数(SRI)

a measure of the constructed surface’s ability to stay cool in the sun by reflecting solar radiation and emitting thermal radiation. It is defined such that a standard black surface (initial solar reflectance 0.05, initial thermal emittance 0.90) has an initial SRI of 0, and a standard white surface (initial solar reflectance 0.80, initial thermal emittance 0.90) has an initial SRI of 100. To calculate the SRI for a given material, obtain its solar reflectance and thermal emittance via the Cool Roof Rating Council Standard (CRRC-1). SRI is calculated according to ASTM E 1980. Calculation of the aged SRI is based on the aged tested values of solar reflectance and thermal emittance.

太陽放射を反射して熱放射を放出することにより、低温に保つ構築物表面の性能の尺度である。標準黒色面(初期日射反射率 0.05 、初期熱放射率 0.90 )は 初期SRI「0」、標準白色面(初期日射反射率0.80、初期熱放射率0.90)は初期SRI「100」であると定義される。与えられた材料のSRIを計算するには、クールルーフ評価協議会規格(CRRC-1)を介して、その日射反射率と熱放射率を得る。SRIは、ASTM E1980に従って計算される。経年SRIの計算は、日射反射率と熱放射率の経年テスト値に基づく。

sound-level coverage

サウンドレベルの範囲

a set of uniformity criteria that ensure consistent intelligibility and directionality of audible frequencies for all occupants within a space

スペース内にいるすべての使用者に対する可聴周波数の一貫した明瞭度と指向性を明確にする統一された判断基準

source reduction

原料節減

a decrease in the amount of unnecessary material brought into a building in order to produce less waste. For example, purchasing products with less packaging is a source reduction strategy.

建物に持ち込まれる不要な材料の量を減少することで廃棄物の発生を減らす。 例えば、簡易包装で製品を購入すると、原料節減の戦略となる。

spatial daylight autonomy (sDA)

空間的昼光の自律性(sDA)

a metric describing annual sufficiency of ambient daylight levels in interior environments. It is defined as the percentage of an analysis area (the area where calculations are performed, typically across an entire space) that meets a minimum daylight illuminance level for a specified fraction of the operating hours per year (i.e., the Daylight Autonomy value following Reinhart & Walkenhorst, 2001). The illluminance level and time fraction are included as subscripts, as in sDA300,50%. The sDA value is expressed as a percentage of area.

屋内環境の周囲昼光レベルの年間の充足度を示す指標。 これは、年間の特定運用時間の割合に対する最低昼光照度レベルを満たす分析エリアの割合で定義される(計算が実行されるエリア、通常はスペース全体)(Reinhart & Walkenhorst,による昼光の自律性値,2001参照)。照度レベルと時間の比は、sDA300,50%のように添字として含められる。sDA値は、エリアの割合として示される。

speech privacy

スピーチプライバシー

a condition in which speech is unintelligible to casual listeners (ANSI T1.523–2001)

会話の内容が偶然居合わせた第三者には聞き取れない状況(ANSI T1.523–2001)

speech spectra

音声スペクトル

the distribution of acoustic energy as a function of frequency for human speech 

人の話し声の周波数関数としての音響エネルギー分布

streetcar

路面電車

a transit service with small, individual rail cars. Spacing between stations is uniformly short and ranges from every block to ¼ mile, and operating speeds are primarily 10–30 mph (15–50 kmh). Streetcar routes typically extend 2–5 miles (3-8 kilometers).

小型で独立した鉄道車両を用いた輸送サービス。 駅間の距離はどこもみな同じように短く、街区ブロックから4分の1mileまでの範囲で、運行速度は主に10~30mile/時(15~50km/時)。 路面電車の路線は通常2~5mile(3~8km)の長さである。

structure

構造

elements carrying either vertical or horizontal loads (e.g., walls, roofs, and floors) that are considered structurally sound and nonhazardous

垂直方向または水平方向の荷重を受ける要素(壁、屋根、床など)で、構造的に堅固で危険がないと考えられるもの。

systems manual

システムマニュアル

provides the information needed to understand, operate, and maintain the systems and assemblies within a building. It expands the scope of the traditional operating and maintenance documentation and is compiled of multiple documents developed during the commissioning process, such as the owner’s project requirements, operation and maintenance manuals, and sequences of operation. 

建物内のシステムやその構成要素の理解、運用、管理に必要な情報を提供する。従来の運用および管理文書の範囲を超え、コミッショニング過程で作成される複数の文書であり、発注者要求書、運用・管理マニュアル、運用の手順などから構成される。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *